FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
26日の参院本会議で趣旨説明が行われた臓器移植法改正案(A案)と、
野党有志による対案は30日から実質審議に入るようだ。


acd4d5ec26f93536.jpg


衆院を通過したA案は15歳以上の年齢制限を撤廃し、
本人の生前の拒否がなければ臓器提供が可能だそうだが・・・・。


アメリカと日本では 『心臓外科の専門医』 を標ぼうできるようになる為のカリキュラムには
とてつもないハードルの差がある。


「アメリカ」
①一般大学卒業(4年) 
  この間に医療機関にてボランティアを行い、
  自身は本当に医療に携わりたいのかという事を現場で学ぶ。

②医学部(医科大)卒業(4年)
  医師国家試験→免許取得

③専門の病院にて500例以上の胸部以外の手術研修(4年)
 上記の症例をこなした後、一般外科医に認定

④専門の病院にて250例以上の胸部手術研修(2年)
 研修の後、試験→胸部外科医(心臓外科医)として認定される。



「日本」
①医学部(医科大)卒業(6年)
  医師国家試験→免許取得→どの診療科目も標ぼう自由
  
②2年以上、臨床研究を行うよう勤める事(努力規定
 
 
③免許取得後50例以上の手術→心臓外科専門医


日本にも、アメリカに負けないくらいの「素質を持つ人材」は多くいる筈。

「本当の専門医」を育て上げるシステムの無いこの国で、
まともな移植手術が出来る医師はいったい何人いるのだろう?








 
スポンサーサイト
2009.06.27 Sat l 健康 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobasanblog.blog90.fc2.com/tb.php/59-7c447b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。