「胸郭出口症候群」といって、
鎖骨と胸の筋肉の下を通って腕へ行く神経や血管が何らかの原因で圧迫され、
痛みやシビレに代表される様々な症状をひき起こす病気がある。
これもやはり頸椎の骨格構造の崩れが原因である場合が大半だ。
thoracic_outlet_syndrome.jpg

この女性の様なケースでも、前傾した首が原因で
腕への神経・血管は正常な流れを妨げられる。
DSCN0505.jpg
手首の腱鞘炎ではあるが、 「手の使い過ぎ」というような単純な話では無い。
 
その根本原因を突き詰めていくと首に辿りつく。




堺市東区北野田「骨格矯正コバヤシ・小林整骨院」
肩凝り症・頭痛・偏頭痛・五十肩・腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・膝の痛み
交通事故によるムチ打ち症etc


スポンサーサイト
2014.08.01 Fri l 健康 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobasanblog.blog90.fc2.com/tb.php/455-1ff7a47e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)