関節に水が溜まった際、患者さんの殆どが整形外科を受診し
注射器にて水を抜く応急処置を受ける。

水を抜けば関節内の圧迫はなくなるので、症状は軽減し楽になる。

がしかし・・・、
あくまで応急処置としてとらえておかなければならない。

昔の整骨院では、アイシングや低周波治療を施した後、
圧迫用の包帯やサポーターでグルグルと巻いて固定し
関節包内に水が溜まらないような処置をしていた。
il_04.gif

支えになるので、歩くには多少ましになる。
ただ、これもほどほどでなければならない。
歩いて帰宅するまでの間くらいにとどめ、
家ではすぐに外してもらうほうが良い。

これらの処置を複数回くり返していると、
膝関節を支えている筋肉や関節包等の軟部組織が確実に弱っていく。

壊れているゆえの炎症。
壊れを治すための炎症。

「炎症=治している」 のだから、これを邪魔してはいけない。

※炎症の5つの症状
 痛む・赤くなる・腫れる・熱をもつ・動かせない




スポンサーサイト
2013.01.31 Thu l カイロプラクティック l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobasanblog.blog90.fc2.com/tb.php/415-2a25915f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)