FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」
1月19日の放送に登場したのは
ニューヨークの大学病院に勤務されている
移植外科医・加藤友朗先生。

photo_ps.jpg  photo03.jpg

臓器の機能がだめになり、治療は不可能と断られた重篤な患者さん達が
加藤先生を頼って世界各地からがやって来られる。

加藤先生の手術は、脳死患者や家族などから提供された
健康な臓器を使っての移植手術。

常に危険と隣り合わせの移植手術だけに、
患者さんとのインフォームドコンセントには特別に時間をかける。
手術の内容やリスクについての丁寧な説明。
患者さんからの質問がなくなるまで終わらせることはせず
患者さんの気持をきちんと受け止め、
診察が一時間を越えることは当たり前のようだ。

医師と患者さんが「共に病気と闘う」ということを第一に考えておられる。


番組の後半に紹介されたのは、
すい臓の周りにできた腫瘍と多くの異常血管に加え
腫瘍が大きな血管をいくつも巻き込んでいるため、
手術は不可能とあちらこちらで診断されてきた女性の症例。

幼い子供を抱えたこの女性を救うために、加藤先生は移植手術の技を応用した方法で
見事に手術を成功させるが、手術には30時間をこえるという長時間を要した。
臓器の癒着や、すい臓が巻き込んだ異常な血管など想定外の事態の連続。
対処の方法ひとつで今後の患者さんや家族の人生が大きく変わってしまう曲面に
一睡もせずに気力を振り絞って挑んでおられる姿には感動を覚える。

さらに、加藤先生の手術がすばらしいとされる所以が、
にじむような小さな出血ののチェック。

縫い合わせた臓器の血管の出血箇所を、
徹底的に止血することが回復の速さにつながる。
回復の速さに影響しないケースもあるようだが、
ここでも患者さんの体を第一に考え一切の妥協はしない。


やさしい眼差しと、柔らかい物腰の人物であるが
人を思う強い気持ちと信念をもった本物の医師だ。

スポンサーサイト
2010.01.20 Wed l 健康 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobasanblog.blog90.fc2.com/tb.php/144-2aeca9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。