fc2ブログ
昨日10月1日は、各地で 「乳癌検診」を推進させるための
ピンクリボン運動にかかわる催しが行われたようだ。

東京タワーや名古屋城、神戸ポートタワーなどがピンクにライトアップされていた。

6a00c225221990549d00e398ae3a740001-500pi.jpg 

890f62d17b681ad6193e59582c1ec328.jpg

受診率10%台のマンモグラフィー検診を80%台に引き上げたいようだ。

女性にとって、乳房にできる癌は大変な問題。
早期に見つける事はもちろん大切な事。

しかしながら、マンモグラフィーなどと聞こえはいいが所詮はX線。
余計な被曝である。

万が一何か見つけられたら、大幅な切除と抗がん剤大好きの
白衣の悪魔が手ぐすね引いて待っている。

海外では、
検診を受けた人たちと受けない人たち、
疑い有りで治療した人たちと放置した人たち、
というグループ分けでその後の生存率を調査した結果、
生存率が良いのは検査や治療をせずにいたグループだったという結果もでている。


乳癌は、脳や肝臓に転位しない限り命にかかわる事は無い。
1㎝の大きさになるのに10年近くかかるものが、
検診で発見されたとたんに、5年生存率などという話と向き合うことになる。

歌手の川村カオリさんも、もしかしたらまだ元気で歌ってたんじゃないのか?

いったいどうなっているのか・・・?
世の女性方の為に頼むからしっかりしてくれ、「日本のドクター」。

スポンサーサイト



2009.10.02 Fri l 健康 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kobasanblog.blog90.fc2.com/tb.php/104-6b95313a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)