上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
30代 男性

(主訴)
痛みの症状などはまったく無いが、
自分の姿勢は明らかにおかしいと認識しており
以前からそれを気にしていた。
片方の靴の底だけが異常に減ったり、靴の形が崩れてしまう。
仰向けに寝た時、片方のつま先の向きがもう一方とは全然ちがう。

レントゲン検査での腰の画像から、その原因は判明する。
  DSCN0789.jpg
〈クリックで画像は拡大〉
中心線(青)に対して、背骨が傾いているのが良く分かる。

靴がつぶれてしまうような圧力を想像して下さい。
どれほど大きい力がのしかかっているか・・・。

その圧力はけっして靴にだけかかっているのではありません。
腰、股関節、膝、かかと、足の甲や指、等々。

女性に多い股関節や膝の関節、足の親指の変形(外反母趾)は、
片方の靴がつぶれるがごとく自身の体がつぶれた状態です。

親指の間にスポンジをはさんだり、テーピングで引っ張ったりしたところで
何の解決にもなりません。



堺市東区北野田「骨格矯正コバヤシ・小林整骨院」
肩凝り症・頭痛・偏頭痛・五十肩・腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・膝の痛み
交通事故によるムチ打ち症etc

スポンサーサイト
2015.08.19 Wed l カイロプラクティック l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。