上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
運転中に交通事故の被害に遭った場合、
最もよく起きる怪我の代表格がムチ打ちによる頸椎の捻挫。

事故直後のその症状はピンキリで、
重度のものもあればごく軽いあるいは殆ど何も感じない場合もある。

しかし、症状が軽いからといってあなどってはならない。
数日から数週間後、時には数カ月してから症状が出始め、
しだいに大変重い状態へと悪化してしまうことが少なくない。

首・肩・背中や腰の痛み。
頭痛・目まい・耳鳴りや吐き気など、その症状は様々。

数週間後の症状発現では、慌てて保険会社へ連絡しても取り合ってもらえない事が多い。

「日にちが経過しているので、事故との因果関係が認めにくいですね。」
という様な応対をされる。

交通事故による怪我を保険会社にきちんと保障してもらうためには、
踏まなければならない手順やルールがあって、
これを怠るとマニュアルに沿って動く保険会社の担当者も誠意ある対応がしずらく
あっさりと切り捨てられてしまうのだ。

しかもこんな手順やルールは、基本的には内緒にされている。

したがって、初期対応の仕方・ベストな治療の流れ等を
きちんと指導してくれる医療機関にかからなければならない。


スポンサーサイト
2013.05.30 Thu l 交通事故の治療 l コメント (0) トラックバック (0) l top
事故後4週間が経過した頃から首に違和感をおぼえ始め、
日にちの経過と共に自覚症状はきつくなって行く。

首を動かした時の痛みのみならず、じっとしているだけでも
なんともいえない重苦しい重圧感を両肩に感じる。

加えて右の股関節も痛みだした。

すぐに事故で運ばれた病院を受診するが、
医師の診断は「すでに4週間が経過しているので、事故との因果関係は証明できない」
というものであった。

担当保険会社に連絡するも、1ヶ月近く経過しているので
「事故によるものとしては対応できません」と冷たくあしらわれたらしい。


患者サイドからは到底納得できるわけもなく、怒り心頭である。
2013.05.10 Fri l 交通事故の治療 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。