上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
衆議院選挙・期日前投票で堺市東区役所に足を運んできました。


300px-Higashi-w,Sakai-c


期日前投票で幾度か投票したことはあったのですが、
いつも投票所は必ず空いております。

しかし、今回は選挙への関心の高さや29日の最終日ということもあったのでしょうか、
入口から人の列が溢れており、なんと30分待ちの状態。

出かけたついでに寄ってみたものの(これは本来だめでしたか)、
こんなに並ぶなら当日投票にしとけばよかった・・・。

投票所のスタッフの皆様、大変お疲れ様でしたm(__)m










スポンサーサイト
2009.08.30 Sun l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
そごう心斎橋本店が、この8月31日をもって閉店となります。

071017_sogo.jpg

最後にもう一度この百貨店を見ておこうと足を運んでみました。

新しいビルに建て替えてまだ数年のこのお店が終わってしまうのは、
高島屋派の私が言うのもなんですがやはり一抹の寂しさをおぼえます。

ひととおり見て回った後はやはりお腹が空くものです
最後の思い出に 『中之島 竹葉亭』 さんで鰻をいただいてまいりました。


images.jpg  G000240058.jpg


ふっくらと香ばしい鰻は絶品・・・。

大変美味しゅうございました







2009.08.28 Fri l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに訪れた焼き肉店 『昌久園』 です。

090812_190507.jpg


堺ではなかなかの人気店で、ここ堺店の他にも
泉北と岸和田などにもチェーン展開しています。


焼き肉店は人それぞれの好みがあるようで、
昌久園の肉質はなかなかのものだとか、ホルモン系はいまいちだとか、
お店の評判は賛否両論、様々なようです。


私はホルモン系は×ですし、
日本人が好む「さし」の入った、所謂高級なお肉も
ほとんど油を食べてるみたいで苦手です。


そこそこのカルビかロース派の私には、ちょうど良いお店かなと思いますね。
お店の雰囲気もいいですよ。





2009.08.26 Wed l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
幼なじみの友人と久しぶりに会う事になり、
どこかでランチをということで難波のスイスホテル南海10Fにある、
和食 『花暦』 を訪れました。


0806_swisshotelnanaki.jpg  lrg_10083941A.jpg


明るく落ち着いた雰囲気の空間で、久しぶりにいただく和食会席と
ゆったり流れる時間の中での会話に、心もほぐれたようです。


lrg_10083941C.jpg



でもこの次は、デザートバイキングでチョコレートファウンテンを頂きたいです~



2009.08.25 Tue l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
先日、友人と二人で駅前を歩いていた時の事です。

すれ違いざまに肩どうしがぶつかったと言いがかりをつけてくる輩に出くわしました。

その相手というのがこの男 『バッファローマン』 です。


                  29a1e93d.jpg


ゆでたまごさんの漫画 『キン肉マン』 に登場する、闘牛をモチーフにした超人です。

身長2メートル50センチ、体重220キロの巨漢。

そんな長身で肩どうしがぶつかるわけないやろ・・・。
という感じですが、バッファローマンはとりあいません。

一緒にいた私の友人は、上着の下に隠し持っていたピストルを抜くが早いか
バッファローマンめがけて2発を発射し、弾丸は2発とも見事右目に命中!
仕留めたはずなのですが、なんと弾丸はあっさり弾き飛ばされてしまいました。


さあ大変、バッファローマンは完全に頭に血がのぼっております。
もうあとは2人していちもくさんに逃げるのみです。

しかしながらこのバッファローマン、闘牛系だけに巨体に似合わず足もなかなか早く
必死の逃走もむなしくとうとう追いつかれてしまいました。

万事休すと思ったその瞬間、頭の上でピピッ・ピピッ・ピピッ・ピピッという電子音。
ハッと我に返るとベットの上で汗だくになっており、時計の針はAM5:00を指しておりました。


早朝から激走し、疲れきった気分でこの日1日を過ごさせて頂きましたm(__)m




スタッフ○△□








2009.08.23 Sun l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お盆休みの間のことですが、久しぶりに映画館を訪れました。

e4cfc73a-s.jpg           pos_sign.gif


子供達もようやく自分達だけで大丈夫なところまで成長してくれたので、
今回は子供組と保護者組に分かれての鑑賞でした。


今回私たち保護者組が観たのは、織田祐二さん主演の「アマルフィ」。
ストーリーは、織田裕二さん演じる外交官の黒田康作が、
イタリアでのテロ予告によりローマに派遣され、
そこで日本人少女誘拐事件に遭遇、事件に巻き込まれていきます。
誘拐事件はやがて、イタリア全土を襲う大規模テロへと発展するのですが・・・。

共演の天海祐希さんも素敵でした。

全編イタリアロケらしいのですが、
今回舞台となるアマルフィの町並みと海岸が本当にきれいで、
一度訪れてみたいような魅力に溢れています。

sorrento.jpg

アマルフィ は、イタリア共和国カンパニア州の人口5,421人のコムーネ(都市)です。
ソレント半島の南東、サレルノ湾に面するアマルフィ海岸の中心地で、
周囲を断崖絶壁の海岸に囲まれ、
小湾の奥に位置する小規模な浜に作られた港から断崖上に向かって街が形成されています。

アマルフィ海岸は世界一美しい海岸と言われ、
ユネスコの世界遺産(文化遺産)にも登録されています。


2009.08.21 Fri l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
食事を制限し、米・パンなどブドウ糖を含んだ食物の補給が途絶えると、 
しばらくは肝臓に蓄えたグリコーゲンを分解してブドウ糖に変えて凌ぐが、
貯えがなくなると蛋白質(主に筋肉)を分解してブドウ糖に替え、
これにより脳は活動を維持する。

200px-Glucose-2D-skeletal.png 200px-Beta-D-glucose-3D-vdW.png
              グルコース(ブドウ糖)


この現象を「糖新生」と言い、筋肉を犠牲にしてでも一番大切な脳を守ろうとする身体の反応である。

世間で流行りの食事制限系のダイエットはほぼここを狙っている。
低インシュリン、バナナ、リンゴetc・・・
ブドウ糖を含まない、又は乏しいもので満腹感をもたせておいて、
実は体の中で起こっているのは糖新生。

1ヶ月で5キロのダイエットに成功!などと喜んでおられる女性の大半は
糖新生により筋肉を衰弱させている。

タンパク質はその分子1に対し3の水を引きつけている。
筋肉が1グラム落ちれば体重は4グラム落ちる事になる。

いったんついてしまった脂肪は筋肉の細胞に取り込んで燃焼するしかない。
余分な贅肉を削りたいなら筋肉をしっかり動かし鍛えるべきで、
1キロの脂肪を燃焼するには毎日1時間走っても1か月かかる。

トレーニングによるシェイプアップは、筋肉量が増えるために体重が減りにくく、
体重計の数値のみを基準に、太った・痩せたと騒ぐのは危険である。



一生懸命に草(野菜)ばかりを食べているお嬢さん、
明け方のまだ暗いうちから起きだして、朝飯も食わずに公園を歩くお父さん・お母さん。
脂肪を削るつもりがひたすら健康を削っている事を、一人でも多くの人に知って欲しい。








2009.08.19 Wed l 健康 トラックバック (0) l top
お盆休みもあっという間に過ぎてしまいましたが、
充電完了でまた今日から・・・、という感じですね。

このお休みを利用して、中之島の国立国際美術館で開催されている
ルーブル美術館展に行って参りました。

P1000253.jpg


ご覧になられた方も多いと思いますが、
東京及び京都では17世紀のヨーロッパ絵画71点、
ここ大阪では『子供』をテーマに古代から19世紀前半までの、
ヨーロッパやエジプト、オリエントといった地域の
古代エジプト美術、古代オリエント美術、古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術、彫刻、美術工芸品、絵画、素描・版画など221点を見る事が出来ます。

特に印象に残ったものでは古代エジプトの少女のミイラ。

e0017161_1443585.jpg

衝撃的で、しばし見入ってしまいました。




赤像式スタムノス
p53.jpg

毒蛇を絞め殺す幼少期のヘラクレスが描かれているそうです。


200以上の展示品を一通り見るだけでも2時間ほどの時間を要しましたが、
熱心にメモをとる中・高生も何人か見られ(夏休みの宿題でしょうか?)
訪れている人の数に関心の高さを感じました。

まだの方は9月23日までですので、体調の良い日に是非・・・。







2009.08.17 Mon l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、我が町でも恒例の「盆踊り」が催されました。


あいにく所用にて見に行くことはできませんでしたが、
気持ばかりの「お花」をさせていただいたら
御返しに写真の提灯を頂戴しました。

P1000248.jpg


音頭取りを務めておられる「つかさ会」というグループの50周年記念だそうで、
ゲストに「河内屋菊水丸さん」がこられたようです。
生の歌声は聴いてみたかったですね。






2009.08.09 Sun l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「糖」

これもまた世間から誤解を受けやすい物のひとつ。

orthomolecular_007.gif

世間ではよく「糖」を「炭水化物」という言葉で表現されるため
身体に必要な部分は非常に曖昧にされている。


糖質は、消化の働きで単糖類に分解され、小腸から吸収されて肝臓に入り、
一部はグリコーゲンとして肝臓に貯えられ、一部はブドウ糖として血液中に入る。

空腹時や運動時には 血液中のブドウ糖だけでは エネルギー源として不足する為、
肝臓に貯えられたグリコーゲンが分解されて血糖値を一定に保つ。 

脳・中枢神経系・血球などは ブドウ糖以外はエネルギーとして使用しない。 
脳は一分間に約100mgの割合で ブドウ糖を消費し、
一日にすると 144gの割合でブドウ糖を必要とする。
血球も一分間に約25mg、一日に36g必要とするので、
脳や血球などには、一日に少なくとも180gのブドウ糖が必要。

数字を並べても分かりにくいので、
分かりやすく言えば、普通のお茶碗1杯のご飯を1日3回食べればいいのである。

お米の優れている点は、消化に時間がかかること。
血液の中には5グラムのブドウ糖しか入る事が出来ない。
消化がゆっくりと進むお米は、少しづつ取り込まれるため
4時間や5時間のブドウ糖供給が可能となる。

腹もちが良い理由である。

朝食にパンを食べる方は多いが、
粉を練って焼いた加工食品は消化が早い。
2・3時間もすれば腹が減ってくるので、昼までもたない。

やはり日本人の朝食は 「ご飯」 がベストといえる。










2009.08.07 Fri l 健康 トラックバック (0) l top
毎年楽しみにしている、富田林市の「PL花火芸術」。

832dae3f99f928be.jpg


今年は天候が危ぶまれましたが、花火の時間には何とか雨も上がってやれやれと思いきや、
殆ど無風状態のため煙がぜんぜん流れていかず、煙の中へ花火を打ち上げている状態。
最後は何だか火事場を見ているようでした。

どなた様も残念な思いだったことでしょうね


昨夜のテレビで「トルネード」という異常気象を原因とする竜巻が
街と人を襲うという映画が放映されていました。

PL花火の時期(8月1日)まで大阪の梅雨が明けないなんて、
確実に地球温暖化の悪い影響が私たちに迫っているようですね。


しかしながら、来年は綺麗な花火が見たいです



2009.08.03 Mon l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

2009.08.03 Mon l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
関西空港に隣接する、「ホテル日航関西空港」内にある
中華料理店 『桃季』 を訪れました。

touri_img.jpg


空港から飛行機でリゾート地までフライト、と行きたいところですが
この日はホテル日航の折込を見て、急に思い立っての関空訪問です。


この日いただいたのは、8月いっぱいまでの特別メニュー
「思い通りに満福ディナー~組み合わせ自由な卓料理~」で、
メニューにある70品目から、好きな7品または4品を選べます。

thl_manpuku10.jpg thl_manpuku11.jpg thl_manpuku12.jpg


落ち着いた雰囲気の中、素材・お味ともに最高なお料理に大満足。
中でも、フカヒレの姿煮はやっぱりいいですね~。


帰りには、まだ行ったことのなかった展望フロア「Sky View」に寄ってみました。
誘導灯の灯った夕暮れ時の滑走路はとてもきれいで、
若いカップルには最適のスポットでしょうか。

しかしながら、飛び立つ飛行機は見るものでは無く、やはり乗るものですね!!

photo_01.jpg (写真各ネット参照)





2009.08.02 Sun l スタッフ日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。